ビデオキャッシュとは「動画が売れるサービス」のこと!

一昔前のビデオキャッシュと言えばYouTubeなどの動画サイトのキャッシュのことを指していて、「読み込んだファイルを一時的に保管するデータファイル」のことを複合的にビデオ・キャッシュと呼ぶこともありました。

 

キャッシュファイルは一時的にデータを保存しておくことで次にアクセスしたときに読み込み速度を速くするものでしたが、このサイトで紹介しているビデオキャッシュは「動画の売買を行っているサービス」のことを指します。

 

主に売れる動画としてはニュース、バラエティ、情報などとなりますが、以下のような動画が売れたりしますよ。

 

ニュース(事件・事故、自然災害や異常気象などの決定的瞬間動画など)

 

主な利用メディアはニュース番組。速報性重視で、撮影されたらすぐに投稿することで購入率が高まります。

 

ビデオキャッシュとは

 

 

バラエティ(子ども・ペットの面白・ハプニング、スゴ技、珍百景、UFO・心霊動画など)

 

主な利用メディアは「ハプニング映像100連発」のようなバラエティ番組。偶然撮れた、人目を惹くような動画が望ましいです。

 

ビデオキャッシュとは

 

 

情報(料理のレシピ、ドローン、裏技・生活の知恵などタメになる動画など)

 

思わず「へぇ〜」と言いたくなるような好奇心をそそる動画が望ましいです。

 

ビデオキャッシュとは

 

動画を高く売ってくれるのはどうして?

ビデオキャッシュでは投稿した動画をWEBメディアやテレビ局に高く販売してくれるので、個人でやり取りするよりもスムーズに、なおかつ適切な価格で取引をしてくれます。

 

ところで、どうしてビデオキャッシュでは高く売買のやり取りをしてくれるのでしょうか。

 

これは「独自の販売ルートを持っているから」ということが言えます。

 

ビデオキャッシュはもともとテレビ制作会社でプロデューサーやディレクターとして働いていた方が立ち上げた会社なので、テレビ番組の価格相場を知っているのですね。

 

だから、個人でやり取りしてWEBメディアやテレビ局側の思い通りの金額で取引されるということはありません。

 

動画は売れるようになりましたが、それを個人でやり取りするのはまだまだ難しいところがありますので、しっかりとした知識を持ったビデオキャッシュを利用したほうが労力がかからず、満足した結果を得ることができますよ。

 

専門の知識を持った人がやり取りしたほうが適切な判断をしてもらえるというのは何も動画を売買することに限らず、他の物事でも同じことが言えるでしょう。

 

 

適切な判断をしてもらって、納得のいく取引をしてもらって妥当な報酬金額を受け取ってくださいね。

 

 

ビデオキャッシュで月100万稼ぐ9のコツ!副業なら今が狙い目!