スタット立ち上がり補助椅子で足腰の不安をサポート!座るも快適!

スタットは立ち上がる動きをサポートして楽に立ったり座ったりすることができるサポートチェア。

高齢者や介護サポートが必要な方など足腰が弱った方のための椅子となっています。

そんなスタットがどんな立ち上がり補助椅子なのかをまとめていますので、興味を持っている方はぜひ参考にしてください。



スタットってどんな立ち上がり補助椅子なの?

スタットは足腰に負担をかけずラクに立ったり座ったりをサポートしてくれる椅子です。

椅子の内部に搭載されているガス式シリンダー(バネ機能)の働きによって、座面を押し上げることが可能になっているので、立ち上がるときにスタッと立ち上がることができますよ。

また、座面の沈み込みもソフトになっているので、座った時の動きの負担も軽減。

立ち上がるときだけでなく、座るときにも足腰に負担をかけない構造になっています。

もちろん、立ったり座ったりする時にサポートしてくれるだけではなく、座り心地も快適さを感じることができます。

背もたれのリクライニングは6段階となっていて、テレビを観たり、本を読んだり、お昼寝したり…とシーンに合わせて角度を変えることが可能。

ラチェット構造になっているから、背もたれを一度前に倒せば、調整前の初期ポジションへ簡単に戻すことができますよ。

他にもひじ掛け部分にはポケットが付いているので、リモコンや雑誌などを手元に置いたり収納したりすることができますし、背もたれと座面の間にあるタグを引くことで立ち上がり補助機能を解除することができ、通常の椅子としても使うことができます。

なので、普段はサポートがいらない方が使うことができますし、ケガをして一時的に足腰のサポートが欲しい場合でも活躍してくれますよ。

スタットはサポート椅子としてはもちろん、通常の快適な椅子としても活躍してくれるのですね。

>>スタットについてもっと詳しく見てみる!
スタット公式通販サイト

スタットのカラーやスペックを確認してみよう!

快適な座り心地を提供してくれるスタットですが、気になるカラーやスペックについてもう少し詳しく見ていきましょう。

まずカラーに関してですが、ブラウンとアイボリーの2色が用意されています。

どちらも落ち着いた色合いをしているので、お部屋に合ってもインテリアを邪魔しないのがいいですね。

ちなみに、スタットはカラーの違いはそのまま素材の違いにもなっています。

例えば、ブラウンはファブリック素材となっていて、アイボリーは素材が合皮です。

ファブリックはドライクリーニングができたり衛生的に使える一方で、生地にホコリやダニが発生しやすいデメリットもあるので、こまめに掃除する必要があります。

合皮はメンテナンスが楽な一方で、通気性があまり良くなく肌触りが若干劣ります。

どちらもメリット・デメリットがあるので、自分はどちらの方を選ぶのかを参考サイトを元に決めてみましょう。

参考サイト:ソファの人気素材・ファブリックとは? レザーにはない魅力が豊富!-マイナビ賃貸

 

また、スタットのスペックに関してですが、こちらもカラーによって微妙な違いがあります。

ブラウンは(約)600×700(700~950)×990(880~990)mmで座面高さが400mm、アイボリーは(約)645×735(735~970)×960(840~960)mmで座面高さが370mmとなっています。

そこまで大きな差ではないので気にならないとは思いますが、座りやすい高さの座面などがある場合は、カラーや素材ではなくサイズ感で選んでみるのもいいでしょう。

ちなみに、スタットが立ち上がりを補助できる体重は40~70kgを想定しているので、重さによっては上手くサポートしてくれないこともあります。

利用する方の体重がどのくらいなのかを確かめた上でスタットを選ぶかどうかを判断してくださいね。

スタットの販売店はココ!

テレビショッピング番組やテレビCMなどでスタットに興味を持っていて、購入を考えている方のために販売店について最後にまとめておきます。

まず、スタットは通販限定で販売されており、その販売店はダイレクトテレショップのみとなっています。

ダイレクトテレショップはテレビショッピングでもおなじみの店舗ですから安心して注文できますね。

販売価格は税抜29,800円となっていますが、別途送料が2,500円かかりますのでその点は覚えておくといいでしょう。

また、もう一つ注意点を上げておくと、スタットは配送日時や曜日指定の希望ができないので、タイミングによってはすぐに受け取れない可能性もあります。

発送予定の連絡は来ますから、その時に確認しておくとスムーズに受け取りができると思いますよ。

ちなみに、スタットの重さは約18kgとなっていますから、設置する際は2人以上で作業することをおすすめします。

無理に設置作業をしてしまうとケガをしてしまう可能性もありますし、できるだけ2人で設置するようにしてくださいね。

以上がスタットに関する情報になるのですが、大型で立ち上がりを補助してくれる椅子はなかなか見つからない商品なので、足腰に負担がある方は準備しておいた方が安心感があります。

スタットの場合は普通のリクライニングチェアとしても活用することができますし、一人用のリクライニングソファが欲しいと思っていた方にもあって良かったと思える椅子になるでしょう。

余計な負担がかからなくなることは、余計な心配もなくなるということで、メンタル面でもいい影響を与えてくれます。

立ち上がったり座ったりに不安を感じているのならスタットのサポートを受けて、不自由の少ない生活を始めてみるのもいいかもしれませんね。

>>スタットのある生活を始めてみる!正規販売店はコチラ!
スタット公式通販サイト