審査に通りやすい動画とは?

審査に通りやすい動画とは

 

ビデオキャッシュでは報道、面白、裏技など幅広いジャンルの動画をテレビ局やWEBメディアと交渉して売買をしてくれるので、基本的にはどんなジャンルの動画でも売れる可能性があります。

 

けれども、動画の売買が行われるのは審査に通った動画のみで、それ以外のあまり価値のない動画は売買されることがないので、報酬を受け取ることもできなくなってしまいますよ。

 

動画なら何でもいいというわけではなく、「あなたの撮った動画が第三者の目に触れたときに面白いと思ってもらったり、考えさせられると感じてもらったりする必要」があります。

 

そのためには審査に通りやすい動画を投稿することが大切なのですね。

 

 

では、審査に通りやすい動画とはどんな動画なのかというと「価値があるとわかる動画」が審査に通りやすいです。

 

 

価値と言ってもいろんな基準があると思います。

 

例えば、めったに見ることができない希少性は価値がありますし、画質が悪いものよりも良いものの方が観たいと思うので価値が高いですよね。

 

細かいことに関してはこのサイト「ビデオキャッシュで月100万稼ぐ9のコツ!副業なら今が狙い目!」のトップページで詳しく書いていますが、簡単に言えば自分が「こんな動画なら観たいよね」ということを意識するのが大事になります。

 

 

自分が観たいと思った動画でなければ、人が観たいとは思いません。(その逆「自分は興味ないけど他の人は観たい」はあり得ます)

 

なので、まずは自分がこの動画なら観たいと思えるような価値を考えるのがいいでしょう。

 

 

 

基本的にビデオキャッシュで売買してくれる動画は審査基準もそこまで厳しくなので、とりあえず「この動画売れるかも」と思ったものは一度投稿して様子を見るのをおすすめします。

 

 

アマナイメージズやアフロなども動画売買サービスをしているのですが、これらの企業はスマホで撮影した用な動画は画質が一眼レフなどと比較して圧倒的に劣るので受け付けてくれないことがほとんどです。

 

その点、ビデオキャッシュは敷居がまだ高くないので、多くの人が利用する前に先駆けて動画を投稿していると、先に行動した人だけの恩恵を受けることができますよ。

 

 

「審査に通りやすい動画」というのは「価値がある動画」と書きましたが、もう一つ意識してほしいのは早く行動を起こすということ。

 

 

先に行動するというのはメディア界では「最も価値が高い」という認識を持った方がいいでしょう。

 

希少性や画質ももちろん大事なのですが、ニュース速報などは注目度が高いように「速報性」というのは大きな武器になりますから絶対に意識してください。

 

 

速報性」を意識して実際に行動した人だけが、より大きな恩恵を受けることができますよ。

 

 

>>スマホに眠っている動画をビデオキャッシュに投稿してみる!