通販の偽サイトの見分け方!被害に遭わないポイントは『事前準備』!

通販サイトでお買い物する美女

通販で買い物をするのは便利ですが、その反面、偽サイトに騙されてしまうというトラブルも起きています。

私は普段よく通販を利用していて、騙された経験はないのですが、たまに詐欺サイトや怪しい通販サイトに出くわすことがあります。

この時に「通販に慣れていない人や初めて利用する人は気が付かないうちに騙されちゃうんじゃないかな?」と思ったので、偽サイトの見分け方や被害に遭わないポイントについてまとめてみましたので参考にしてください。


ダイレクトテレショップ公式通販サイト

ダイレクトテレショップ公式通販サイト

通販の偽サイトの見分け方とは?

通販の偽サイトは近年クオリティが高くなってきていて、一見すると見分けがつかないこともあるかもしれません。

けれども、注意すべき点は限られているので、その注意点さえ押さえておけばトラブルに巻き込まれることは避けられますよ。

その注意点に関しては消費者庁の公式サイトで紹介されているのが一番わかりやすいので、そちらの画像を参考に確認していきましょう。

偽サイトの例-消費者庁

(引用元:インターネット通販トラブル-消費者庁公式サイト)

7つの注意点が挙げられていますが、重要度が高いもの(注意して見て欲しいもの)から順に説明しておりますので、時間がない方も最初の方は確認してみてください。

 

1.字体(フォント)に通常使用されない旧字体が混じっている
2.機械翻訳したような不自然な日本語表現がある

偽サイトの見分け方で一番見分けやすいのが文字や日本語表現です。

旧字体を頻繁に使っていたり、不自然な日本語表現が多数あるサイトはほぼ確実に偽サイトになります。

旧字体は中国系の通販サイトに多く、不自然な日本語表現があるサイトも海外で作成して翻訳して作られたサイトになるので偽サイトや詐欺サイトの可能性が高いでしょうお。

私たちが普段使っている日本語は世界的にみて難しい文法とされていますから、翻訳機能を使っても上手に翻訳することができないことがあります。

多少の文法の違いは人間ですからありますが、あまりにもおかしな文章が続いていたら危険なサイトと判定してもいいでしょう。

 

3.支払い方法が銀行振込のみ

通販サイトの場合、基本的には支払い方法が複数用意されています。

クレジットカード決済、代引き、銀行振込、その他電子マネーなどがあるのですが、銀行振込しか対応していない通販サイトは危険かもしれません。

銀行振込のみで受け付けていてちゃんとしている通販サイトもありますので、一概にも支払い方法が銀行振込のみというだけで怪しいとは決めつけられないでしょう。

ただ、詐欺サイトの銀行振込は口座が個人名義になっていることがあります。

企業の商品を購入するのに個人名義に振り込むということはあり得ませんから、こういったところからも偽サイトと判断することができますよ。

 

4-5.会社概要に住所や電話番号が記載されていない

詐欺サイトでは住所が番地まで記載されていなかったり、電話番号が記載されておらず、連絡先がEメールしかない通販サイトは疑った方がいいでしょう。

ただ、会社概要に関しては別の情報を載せている場合もありますので、ちょっと確認しただけでは判断がつかないこともあります。

確実なのは電話をすることですので、もし怪しいなと感じた場合は電話をしてみることをおすすめします。

 

6.URLが不自然

URLはWEB上の住所のようなものですが、このURLが不自然な場合もあります。

厄介なのは適当な文字列になっているのではなく、一部の文字を替えているというところ。

例えば、楽天市場の通販サイトで言えば、本物は「rakuten」というスペルになっているのですが、偽サイトは「lukuten」というように頭文字の「r」と「l」だけ違っているというパターンが非常に多いです、注意して確認しても気づかないこともありますので注意は必要です。

 

7.極端に価格が安くなっている

定価よりも80%や90%も安く販売しているものも怪しいサイトの可能性があったりします。

発売されて間もない商品なのに、80%や90%も安くなっているのはちょっと疑った方がいいかもしれません。

ただ、販売してから時間が経っていたり、キャンペーンなどで大幅に値下げをしていることもありますから、価格が安いからと言って偽サイトとすぐに疑うのは逆に機会損失になってしまう可能性がありますので、気にしすぎることはないでしょう。

 

基本的には消費者庁が公式サイトで紹介しているサイトが怪しいのですが、見分ける一番のポイントは「文字や日本語表現」となりますので、おかしな文章だと感じたのなら電話をして本当に存在する販売店なのかをチェックしてくださいね。

偽サイトを利用するとどうなるの?

偽サイトを利用しないための注意点を紹介しましたが、正直、面倒なところもありますよね。

けれども、結局損するのは自分なので、そういったときは「もし偽サイトを利用してしまった場合、どんなことが起きるのか」ということをしっかりと想像したり理解する必要があります。

パッと想像できるのは商品が届かなかったり、正規品ではない粗悪品で紹介されていた商品と違ったということでしょうか。

確かにこのパターンが一番多く、お金を払ったのに対価を得られなかったということで消費者庁に問い合わせている方がいます。

けれども、これだけで被害が済んだのならまだいい方かもしれません。

ひどい場合は個人情報が流出してしまうこともありますし、自分と関係ない所でたくさんの被害が生まれてしまい、知らず知らずのうちに加害者になってしまうことだってあります。

ちょっとした確認で自分の身を守ることができますから、偽サイトに騙されないように注意しましょう。

被害に遭わないためのポイントは事前準備!

残念ながら偽サイトは存在してしまいますので、自分で注意して利用しなければなりませんが、気にしすぎても通販を利用することができなくなってしまいますよね。

せっかく便利なものですから、上手に活用はしていきたいところ。

そういった場合に、自分で気軽にできる通販サイトを利用するときの対策がセキュリティソフトメーカーのトレンドマイクロの公式サイトにありましたので、その中から一部、最低限取り組んでおきたいものをピックアップしておきます。

 

・セキュリティソフトを利用する

偽サイトを利用しないようにする一番手っ取り早い方法はセキュリティソフトを入れる方法

悪質なサイトはどこに存在しているかはわかりませんし、気づかないうちにサイトを利用していたなんてことは珍しいことではありません。

ですが、セキュリティソフトを入れておけば怪しいサイトはサイトそのものが表示されないので、安心してネットを利用することができますよ。

セキュリティソフトに関しては有名なところ、トレンドマイクロやノートン、マウスなど雑誌やCMで宣伝しているものであれば安心です。

 

・SSL化されているか確認する

SSLというのは第三者による通信の読み取りを防いでくれる仕組みで、個人情報を入力しても適切に利用してもらうことができます。

悪質なサイトはこのSSL化がされておらず、URLは「http://」のままになっています。

ちゃんとしているサイトのURLは「https://」となっていて、鍵マークが表示されますので確認しておきましょう。

 

・クレジットカードの利用明細をこまめに確認する

詐欺は自分が気づかない間に行われていることがあるので、クレジットカードの利用明細はこまめに確認しておくと身に覚えのない請求があった時にすぐにカード会社に連絡をすることで対応することができます。

自分の支出管理もできますから、クレジットカード明細の確認はしておきましょう。

 

被害に遭わないためには事前に準備や対策をしっかりしておくことが大切です。

もし、何も準備や対策をしていないのなら、今このタイミングでセキュリティソフトを入れるなどすぐにできるなど最低限の対策はしておきましょうね。

他にも対策方法はありますので、心配だという方は参考サイトから安全に通販サイトを利用する対策を確認してみてください。

参考サイト:通販サイトを安全に利用するための対策8選-トレンドマイクロ公式サイト

 

結局公式通販サイトが安全!

通販の偽サイトは利用したくて利用するという人はいません。それなのにどうして偽サイトにたどり着いてしまうのか。

これは「もっと安く買える販売店はないか?」という心理が大きく関係しています。

できることなら安く商品を買いたいという気持ちは当然ですが、あまりにも情報を求めすぎてしまうと逆に混乱してしまう可能性があるのですね。

店舗販売されている商品をネットで注文する場合は、確かに通販の方が人件費がかからない分安くなる傾向にはありますが、もともと通販で販売されている商品に関して言えば、公式通販サイトを利用するのが一番安全ですよ。

価格に関してもキャンペーンを行っていることがありますし、公式通販サイトならではの特典を付けてくれることもありますから、お得なことがほとんどです。

通販で商品を購入するときはまず安心して買えるかを確認し、それから安く買えるかや特典はついているかを確認するようにしましょう。

 

通販の偽サイトについては意識しているだけで注意深くなりますし、注意していれば怪しいサイトかどうかは判断できるようになります。

なので、必要以上に恐れることはありません。

今回紹介した注意点を確認しながら、生活を豊かにする通販生活を送っていきましょう!


ダイレクトテレショップ公式通販サイト

ダイレクトテレショップ公式通販サイト